exciteエンターテイメント ExciteホームExcite Entertainment!トップサイトマップ
ぶっちゃけ芸
「ぶっちゃけ芸」
僕がそう呼んでいるのは、一個人の人間的感情ではなく、芸人としての感情を織り交ぜて話す芸のこと。
人間的感情が表なら、芸人的感情はむしろ裏。
具体的に説明すると、目の前に突然蛇を現れると「怖そう!」という感情が人間的感情。
しかし笑いがほしい芸人的感情は「ウケそう」なのである。

例えば舞台の上に数人の芸人さん達が居て、その内の一人が面白いことを言って爆笑をとったとしよう。
昔はその面白話を周りの人は笑っているしかなかった。
舞台の上ではどんなときも表、すなわち人間的感情で構成されていたし、観客もそのルールで見ていた。
しかしこのルールをぶち破った猛者がいる。
それが明石家さんまさんである。
舞台で大爆笑をとった人がいたら、みんな手を叩いて笑っているしか術がなかった。
しかし舞台は戦いの場、誰が笑いをとるか勝負の場所である。
笑いの負けを認めたくないさんまさんは、面白いことを言って爆笑をとった人を、指をくわえたまま黙って見ていることが出来なかったのだろう。
そんな時さんまさんが言った言葉が「オイシイ」という言葉。
大爆笑をとった人で終わらさずに、その人の「ドヤ顔」を芸人的視点で突っ込んだ。
それが「自分、今オイシイなぁ!」と言う言葉。
爆笑を取り、安心している相手の心の中に出来た僅かなスキを、羨むという目線で
突っ込むと、見事に笑いは逆転した。そしてもう一度自分に笑いを呼び込むことが出来たのである。
まさに「明日のジョーのクロスカウンター」のような必殺技である。
舞台の上で初めて芸人的感情を吐露し、それによって笑いが生まれた瞬間ではないだろうか。
この言葉はお笑いをぐんと進化させていく。

どこの現場でもウケない人はいる。
その人が放つ独特な空気をダウンタウンの二人が「寒い!」と表現した。
たぶん、楽屋で芸人さん達が多用していた言葉ではあったと思うが、舞台の上では笑いが止まるエアーポケットのような瞬間を誰も言葉にしたり、形容したりしていなかった。
あと、テンションだけ妙に高く、面白いことと無茶なことを勘違いしている奴を「イタイ奴」と呼んだり
これらを舞台の上で引用したことで、それまで一般の客が知る由もなかった芸人的感情は
なおもお茶の間に浸透していった。

その芸人的感情はバラエティー番組の中でも度々使われるようになっていった。
それがダチョウ倶楽部や出川哲朗などのリアクション芸人でいうところの「お約束」という言葉だ。
今までテレビのお茶の間には内緒にされていたリアクション芸。
それまではリアルなものじゃないといけなかったが、それはテレビの進化と共に壊れてしまった。
なぜなら、「笑いが欲しい芸人」=「あえて罰をウケにきた」=「本当に嫌なら出演もしないはず」=「ってことは嫌がっているのは演技!」という芸人のそもそもの立場や、番組内での存在意味までお茶の間にバレてしまったからだ。

そうなってくると罰ゲームなどが成立しない。
リアクション芸人はより深い部分で言葉出すようになっていく
その言葉が「今回のはマジで駄目だって!」
お笑い芸人の性を出しながらも、人間的感情をポツリとこぼす方法である。
これには「確かにオイシイけど、いくらなんでもちょっとやり過ぎだろ。ここのスタッフ頭が狂ってるんじゃないの?」という意味が含まれていることで、リアクションの信憑性が一気に増した。
しかし2000年初頭、これすらもう通用しないようになってきた。
今は演技ということを全面に押し出して、「お約束芸」というものを確立することで笑いをとっている。

そして今、芸人的感情はひな壇芸人にまで及んでいる。
ひな壇での目立ち方や、大御所のMCに対しての対処法まで、テレビというメディアで芸人が生き残って行く為の裏技まで全て公開している。
その最前線を行くのが元猿岩石の有吉弘行。
まさに彼の言葉は現代のナンシー関。
彼のぶっちゃけ芸は群を抜いている。
芸能界の裏と表、渡された企画の意図、そして制作者の本音や、テレビ番組となった後のお茶の間の反応や違和感まで総括的に推測し、「毒舌」というファクターを武器にぶっちゃけ芸を進化させ続けている。
それどころか彼からあだ名を付けて貰うことで喜んだりするアイドルまでいる現状だ。
しかしこの「毒舌」はある意味劇薬で、使い続けると非情に危ない。
なぜなら、毒舌は皮一枚で斬りつけるところに美学がある
本当に怒らせたり、泣かせてしまうと、お茶の間がひいてしまう。

しかし有吉がテレビのメインストリームとなってくると、なかなか上手くいかない時がくるだろう
世間の期待値だけドンドン上がり、言いたいんだけど、テレビ番組によっては緩めにしか言えない時がある。
皮一枚で斬ってきた彼が、厚めに斬らなければならない時が必ず来る。
そうすると、「鈍った」とか「ぬるくなった」とか、言いたがる族(やから)が必ず出てくる
関西から東京に出て行った上岡さんもそれで悩んでいたような気がするが…

ぶっちゃけ芸は一体どこまで進化していくのか?

今後がとても楽しみだ。


高須光聖オフィシャルHP「御影屋」
[PR]
by kyte-mikageya | 2010-07-18 15:45 | ┗高須 | Trackback | Comments(77)
トラックバックURL : http://mikageya.exblog.jp/tb/14793818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by こう at 2010-07-18 17:14 x
確かに「寒っ!」ってダウンタウンが言い出してますね。

「おいしい」がさんまさんというのは知りませんでしたが。
放送室が終わってから、お笑いとは!っていうのが聞けなくなってさびしい限りです。

とは言え終わらせたのは松本さんがよく言う「バ○な視聴者」かもしれませんが…

なにが言いたいって、放送室CD発売してくださいよ!ってことです。とりとめないですが、スイマセン
Commented by タカッス at 2010-07-18 17:17 x
確かに裏の笑いが、最近テレビで出ているのでお茶の間も少しではあるものの、芸人さんの凄さや難しさが分かって、だんだんお笑い芸人さんの存在価値が上がってきて、どのチャンネルつけても芸人さんが出る様な世の中になったんだと思います。
僕はこれで良いんだと思います。
規制規制の世の中ですけどとても一方的ですが、いつまでもテレビを見て、笑って居たいです。 
この意見が間違ってたらスミマセン。 



あっ放送室も宜しくって 言っとくんだった。
高須さんもお体に気を付けてください。
放送室も楽しみにしています。
Commented by モントリオール上田 at 2010-07-18 17:17 x
深いですねえ
日常でなにげなく見ていたこういうものを言葉にするとますます深みがでてきますね

やはり日本は世界ではお笑いのレベルは群を抜いてるなあ
Commented at 2010-07-18 19:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-07-18 19:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-07-18 20:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 高須の南蛮漬け at 2010-07-18 20:29 x
放送室なき今、有吉特攻兵の「サンデーナイト・ドリーマー」しか聞くに堪えないラジオがない(一部地域の為、残りの30分しか聞けないが・・・ふざけるな!)(オールナイトニッポンでブラマヨのラジオ聞きたい!)
PS ロンハーでしずるとフルーツポンチが掛け合いをしている時に有吉が「若手お笑いライブが終了した後のサービストークか!10代の女の子しか笑ってないような・・・」と的を得た発言には感服してしまった!
今現在の有吉には松本さんが失った(捨て去った)「毒気」がある!
高須さん!是非とも有吉特攻兵と一緒に「マツコの部屋」的なマイナーな番組をド深夜に、立ち上げてください!
期待しています!
Commented by 群馬のマンマ at 2010-07-18 20:32 x
他人様の不幸わらうな。
Commented at 2010-07-18 20:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちんちこりん at 2010-07-18 21:11 x
ど~も~


テレビの裏側、高須キリッです♪

|ω・`)


裏も表もないお話あざっす!人間的に愛されるかがポイントですね♪


萎縮すな!どこまでもブチマケル芸人は本物ですね。

プライバシーを語る芸人などは嫌いですww


高須さんも放送室で語りたくなってるのが、分かります!!

⊂(^ω^)⊃
Commented by 負けざる者 at 2010-07-18 21:38 x


有吉弘行さんが構成作家になったら脅威ですねwww

Commented by ささき at 2010-07-18 21:39 x
なるほど~…!!

放送室やってた頃、松ちゃんの発言や例えにかぶれまくってる芸人さん多かったですよね。

「インスパイア」 「怪我する」
これもそうじゃないですか?

わたしは「やったろう頭(かしら)」が好きでした
覚えてらっしゃいますか?
ラジオまた聞きたいです。
Commented by elle at 2010-07-18 23:09 x
高須さんに期待されてるなんて…
スゴイ事なんじゃないでしょうか…。

密かにでも認めてもらえ、アテにされてるって感じると一層、頑張れます。ましてや直接、言葉で伝えられると仕事に対するモチベーションがかなり上がります。

これからもTVをどんどん進化させて楽しませてください☆

いつも読みごたえのあるブログをアリガトウございます^^
Commented by 徹子 at 2010-07-18 23:35 x
私も有吉さんスゴイな~~と思っております。

結構、演技力もある気が……
嘘くさそ~なネタでも、本気でやっているから
またソレがオモロイ!!

真面目にやって「本気」が画面から伝わって
面白くなっている。

え~~~~っと

注)別にブスを擁護してくれているから
褒めているわけではありませんwww
Commented by @p@ at 2010-07-19 00:50 x
自分は出川さんが大好きです。


Commented by からしめんたいこ at 2010-07-19 00:52 x
「ガキの使い」、見ました。
男同士のキスって、なんで面白いんですかねぇ??
これで30分間も番組ができるのもすごい。
あと、「ままんっ!」は、思い出すだけでニヤニヤしてしまいます。
誰にでも思いつきそうで思いつかない発想、それが素人とプロの差なんでしょうね。
今回、まぁまぁ、よかったです。

来週も「ガキの使い」、楽しみにしてます!
Commented by からしめんたいこ at 2010-07-19 01:01 x
有吉さんのフリートークで対応できる反射神経の良さ、またその的確さ、不快になるかならないかギリギリの鋭さには、いつも驚かされ、そして大いに笑わせてもらっています。

この「ぶっちゃげ芸」を言えるようになった、
芸能界の変化にも感じるものがあります。
十数年前でしょうか、ウンナンさんとたけしさんのコントで、
たけしさんのボケに、南原さんが「いくら先輩でもはたきますよ・・!?」
と、ビクビクしながら発言し、変な空気になったのを思い出します。
(たけしさんは、スッと突っ込んで欲しそうでしたが・・)

視聴者でも感じていた、芸能界での上下関係の厳しさ。
それを変えた、
芸人で言えば、タモリさんを「おじさん」と呼び始めたヒロミさん、
俳優で言えば、加賀まりこさんを「かわいい」と言った木村拓哉さん、
彼らによって、視聴者は安心して先輩後輩のカラミを見られるようになった気がします。
(ヒロミさんよりも先に、浜田さんが「タモリっ!」と言っていましたが、
それは一般的に受け入れられなかったと記憶しています。)

いろいろ知ったかぶりですみません。
Commented by おまな at 2010-07-19 01:26 x
高須さんの言う「ぶっちゃけ芸」を最初にやったのはナイナイかと思ってまいた。90年代中頃だったかと思います。
さんまさんがその前から確立してたんですね!
Commented by まなかな at 2010-07-19 01:33 x
ど〜も〜
たかすめしです
麺や武蔵おいしいですね。
Commented by ボインちゃん at 2010-07-19 01:34 x
面白いです
Commented by 海老定食 at 2010-07-19 01:42 x
こんにちは。

確かに楽しみではあるのですが、規制は厳しくなる一方ですし、今まで以上にやれることが少なくなってくると思います。
ぶっちゃけ芸や罰ゲームなどはその対象になりやすいですし。
そうなってくるとテレビが面白くなくなるという悪循環。
これからどうなってしまうんだろうか。

高須さんも頑張ってください。
僕も頑張ります。
Commented by くしゃみ at 2010-07-19 02:47 x
有吉さんのコメントに毎回スッキリしております。的確でホントに気持ちが良いです。独特の緊張感が出てくる感じも好きです。

が、しかし、それでも‘お約束’がわからない視聴者はいて、先日のリンカーンスペシャルでクレームつけている人やドッキリでかわいそうとか言っている人等は、典型的なそんな人なんだなぁって思うんですよね~。
まだまだ道は険しいかもしれません。というか、険しくなったのでしょうか?
Commented by 景子 at 2010-07-19 02:56 x
わかりやすい!

とっても読みごたえのあるブログでした♪

皆さんのコメントも凄くよく考えられていてびっくりしました。

笑いが世界を救うって本当だと思います!

笑いのプロ!これからも楽しみにしています♪

くれぐれもお体にはお気をつけ下さい…
Commented by うなじ at 2010-07-19 03:07 x
勉強になりました。
Commented by そうかなあ、とにかく冬かい at 2010-07-19 05:28 x
わらえんな。面白いと思っている人の十倍は不愉快。
Commented by 私、お紅茶いただこうかしら at 2010-07-19 06:15 x
最初はグー  ていうのは志村けんさんですよね
高そさん
Commented by ピンチヒッター高須 at 2010-07-19 07:50 x
CELLレグザのレビューの画像を見たのですが、高須さんの醸し出している空気感がおかしくてしょうがなかったです。個人的には、高須さんにも、ナベアツさんみたいに、裏方だけじゃなくプレーヤー(タレント)としてテレビに出てほしいです。
Commented by のん at 2010-07-19 09:29 x
私は、有吉さんは内村プロデュースで鍛えられてすごくレベル↑したんだと思ってます!
Commented at 2010-07-19 10:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by (笑) at 2010-07-19 13:11 x
ダウンタウンさん、有吉さん、ブラマヨさんの出演番組のみチェックしてます。

昨日のガキも笑いました。関根さんには感服しました。あの芸歴であそこまでやってくれるから、自ずと各番組から出演オファーが来るんでしょうね!


約一名観ててイライラしました
Commented at 2010-07-19 13:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あおさわやか at 2010-07-19 17:54 x
本当の実力もなしにそうかあに担がれて気だけ大きくなってはしごはずされおじゃん。そうゆう芸人がいかにみじめか。
Commented by ファンだから消すなよ at 2010-07-19 18:30 x
たかっさんはそうやって分析するのが仕事で
ここにはこのスパイスでメインはこれでとコンビネーション組が仕事
でもおもろい奴というのは分析しても作れない
しかし天然原石はそこらじゅうにけっこういる
今のTV芸人おもろいの少ないですね芸人じゃないな台本やってるだけ
たかっさんの悩みなんとなくですが・・・消化試合はつまらないもんです
Commented by at 2010-07-19 18:39 x
有吉おもろい とか 有吉の毒舌好きやわー で終わってしまう雑感をテレビで生きる芸人の歴史と文脈を紐解きながら有吉と芸に触れてゆく論、勉強になりました。 私は、単体だけでは文脈をもたない顔芸も前回の さようなら山崎邦正 での山崎さんの変な顔と少し物語を感じさせるような表情と状況に顔芸と恒例企画の進化を感じ、感動しました。 まあまあ企画も面白くて、嬉しくなりました。 関根さんが最後、馬乗りになったまま遠藤さんの胸ぐら掴んでビンタするような、一応のったけど、なんだこれは やい遠藤!みたいな否定、糾弾する様な展開が見たかったと思いました。キャラクターが違うと思いますが。しかし面白い企画でした!
Commented by oka at 2010-07-19 21:36 x
章造遠藤のキス企画 楽しかったぁ、、爆笑しました。第二弾期待しています!
Commented by テレビ業界よ at 2010-07-20 01:38 x
田舎のひと騙す笑いだけはやめようや。
Commented by 輝いている俺 at 2010-07-20 01:42 x
なんか、お笑いって深いんですね。ただ言わせてもらうけど、あなた放送室で、みんなすべらない話してるのに一人だけせえへんかったやろ。お笑い語るっつうことはよぉ、お前もお笑いの道に踏み入ってからいおうぜ
Commented at 2010-07-20 05:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちゅり at 2010-07-20 06:36 x
芸人的価値観ではキスを受け入れることがベターなのかも。
その中でキスを受け入れないという選択。
これって、普通に空気を読めてないだけなのか、はたまた、意表をついたスタイルなのか。
金田、マジで嫌がってそうに見えたけど、アレがあったことによってバリエーションがひとつ多く見れたことには違いないですし、僕は良かったです。彼の潔癖もひとつの芸風ですよね。

有吉さん。
彼にあだ名つけてもらうことも、最近では浜ちゃんのシバキみたいに何やらご利益ありそうな方向にシフトしてきたんじゃないですか?
毒を喜んでもらえるなんていいなぁ。

皮一枚の毒。理想ですよね~。
センスのない素人がブログで展開するような、タレントへの誹謗中傷、妬み丸出しの批判、それにリアルな付き合いでの愚痴とか腹いせみたいな、誰も得しない、笑えない毒舌はほんとにやめてほしいです。

松ちゃんやナンシーさんの毒のゴールは、単に人を追い込むことなんかじゃなくて、笑いと風刺を織り込みながら、ものごとの裏側や新しい見方を示すことにあるから多くの人に受け入れられるんだと思います。
やっぱり笑いの要素がないとスッキリしないですよ。
Commented at 2010-07-20 06:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Radio Magic at 2010-07-20 07:57 x
ロンハーのDVD化おめでとうございます!

お笑いも時代とともに姿形を変えて、ここまで来たんですね。新しい笑いを生み出してきた高須さんだからこその重みがあります。


ちなみに有吉くんは消えた後も印税がいっぱいあったし、ダチョウ倶楽部にお世話になってぃたようなので、実際にはそこまでの極貧生活はしていないようです。
Commented by 5smile at 2010-07-20 10:32 x
やっほー!
初めまして~~。

いつも楽しみにしていまーす!
お仕事頑張ってくださいね~(笑)
Commented at 2010-07-20 11:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 保母さん at 2010-07-20 16:32 x
院長先生、長くないですか?
Commented at 2010-07-20 17:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by AAD at 2010-07-20 18:34 x
高須光聖
『中立的お笑い論』
売れますよ!
Commented by 転職支援中! at 2010-07-20 21:16 x
高須さんだから解説できる『ぶっちゃけ芸』論。
お笑いもすごい進歩の魅せてますよね。
勉強になるブログ記事でした。
Commented by かさ at 2010-07-20 21:36 x
『水曜どうでしょう』
などのどこかノンフィクション的でしかしながら人為的に笑わされる感覚はどうしたら説明がつくのか悩んでます。
Commented by かねやん at 2010-07-21 02:00 x
「上岡さんの毒について」
初期のダウンタウンDXに上岡さんが出られた頃の映像を確認すると、上岡さんが東京に行きだしてから「毒」の頻度を意図的に少なくしたと言っておられました。関西だけだと毒の影響は限定的だけど、東京だとその波及効果は全国区であり、毒の返りを考えると頻繁に毒づくのは体力的に大変だとも言っておられました。

有吉も毒の返りをしっかり考えて毒のレベルを変えている気がしますね。
Commented by 違う人 at 2010-07-21 08:09 x
なんか、「木を見て森を見ず」って内容ですねー。
お笑い及びバラエティ及び全てのテレビ番組の内容が末期に近づいていて、これから再生が必要だね、と皆が思い始めている時に、こういう事を書くのって、ある意味マクロな社会学者だね。
結局「芸人」がクラスの人気物の感覚になってしまったって事でしょ。
「芸人」と「クラスの人気者」は違うって事ですよね?

「芸」のできない自称「芸人」が多すぎ。
昔のdvd見ている方がもっと楽しいと思う。
エンターテイメントってこういう事なんだと分かると思うよ。

今のお笑いは傷の舐め合い、笑い合い。

森を見て木を見てみなね。
それが、本当のマクロ社会学です。

Commented at 2010-07-21 08:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2010-07-21 09:58 x
この前アリケンで有吉さんがオナニーしてました。
深夜に爆笑してしまいました。
Commented by HI at 2010-07-21 11:29 x
やー暑いでヤンス~☆
お笑いっこんなメカニズムがあるんでヤンスね、、、!
読ませたいですこの記事っ
やせただけなのにドヤ顔の○わばた○えさんにっ~♪
、、、まだ踊ってるんでヤンスかね~?!

「明日のジョーのクロスカウンター」インパクトあったでヤンス
でも、もっと大好きなのが高須さんの
「りょうのジョウ手ぶらり作戦」でヤンス!!!
Commented by ぽあん at 2010-07-21 16:26 x
松本信者はダウンタウンと関係ねえゆうとるが本当は捨石なんやろ。ちがうか。
Commented by 大学生(仮) at 2010-07-21 18:11 x
初めてコメントさせていただきます。

バライティというものが進化しているのはテレビを観ていてなんとなく感じ取ってはいましたが、自分のなかで明確には分からなかったので、すごく勉強になりました。
これからのバライティがどうなっていくのか、一視聴者として興味深いところです。

高須さんの関わっている番組いくつか拝見しています。

いつも面白い企画を考案していただいてありがとうございます。テレビを観ながら抱腹絶倒です。
Commented by Radio Magic at 2010-07-21 23:57 x
先日、録画した後見ていなかったホンマでっか?を数時間かけてまとめて見たのですが、マツコデラックスのツッコミの方が、ブラックマヨネーズの二人をはるかに凌駕する瞬間が何度もありました。

これはたぶん、ブラックマヨネーズの二人がダメなのではなく、マツコデラックスがすごい人だからだと思います。
これからもっと活躍して欲しいですね。
Commented by 放送室中毒 at 2010-07-22 09:57 x
お願いします。

放送室再開、熱望いたしております。
Commented at 2010-07-22 14:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 尼宝線 at 2010-07-22 16:18 x
さっき、関西ローカルの番組で渡辺謙さんがインタビューを受けていたのですが,そこで関西弁の話になりました。
(渡辺謙さんは関西の番組だと関西弁で話します)
で、インタビュアーが、「ご家庭で関西弁は?」と訪ねると渡辺さんは「妻はネイティブですから。あまりかんですから」とおっしゃってました。
そうですね、南果歩さんは尼崎ですね。渡辺さんから「あまりかん」という言葉がでてきたのが嬉しくて、是非高須さんに伝えたいと思いました。
Commented by スネオフェアー at 2010-07-22 19:30 x
売れてくると相手が敬意をもって接してくれるので毒がなくなっちゃうんですかね。ミュージシャンでも売れない頃は卑屈な内容が多くて売れてしまうと前向きな内容が増えるような気がします。
やっぱり僕も放送室再開してほしいです。

あとおそらく「メインとリーム」は「メインストリーム」とちゃうやろかしら?
Commented by 映画助監督 at 2010-07-22 22:21 x
映画という媒体で笑いを生むじだいになってきている気がします
Commented by あんちゃん at 2010-07-22 22:59 x
やっぱリンカーン、最高!!
Commented by うみ at 2010-07-22 23:15 x
松ちゃんの状態が悪いと、放送室復活が遠のく...
Commented by エッセンシャル at 2010-07-23 02:11 x
高須さんはじめまして。

リアリティーのある笑いに、人は共通言語を感じて、想像力を掻き立てられるんですね。
突拍子も無いようで、しっかり人が息づいている松本さんの笑いが大好きで、放送室には、もっとそぎ落としたリアリティーと、無添加の言葉遊びと、笑いと、センチメンタルと、
なんかすごい好きでした。同じ形でなくてもいいので、映画でもいいので、
そんなのが少し見たいです。お願いします。
Commented by びっくりするんでやめて! at 2010-07-23 20:25 x
なんか、上にいくほど(メインストリーム)おもしろいことができないって、社会と同じですね 
Commented by たかすとりーむ at 2010-07-24 15:46 x
読み応えあります
Commented by SNDリスナー at 2010-07-25 20:33 x
有吉さん、ラジオ番組の冒頭で「高須さんにほめられた!」ってえらい喜ばれてました。

高須さんも、放送室…復活させてください。

地デジいりません。ラジオが今おもしろいです。
Commented by ニンニ君 at 2010-07-27 23:21 x
テレビを見ていて「こいつはこう言って、こう言う笑いの取り方をする」って読めると「あぁ、やっぱりね…俺が考えた時間返せ(怒)」となります。
でも松本さんだけは読めません…松本さんはやっぱりスゲェや(拝)
Commented at 2010-07-29 14:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おが at 2010-07-29 23:21 x
バラエティーって深いなぁ(*_*)
どの人種より芸人がカッコイイって思う。夢はテレビに出つづける芸人!
Commented at 2010-08-03 20:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by godfather at 2010-08-12 03:30 x
あだ名は、有吉さんじゃなく、松本さんに付けてもらいタイ。
Commented by P at 2010-08-17 23:37 x
有吉の毒舌は笑えるけど爆笑太田の毒舌はサブいだけ。クレバーさも必要ですよね。
Commented by めちゃいけいつおわるん? at 2010-08-21 20:25 x
おいしいは糸井だろ、いたい
Commented by 寅子 at 2010-08-23 01:54 x
大変興味深い文章でした。
私は全員集合からひょうきん族に移った者ですが、気がつけば今はダウンタウンさんの番組から有吉さん中心に見るようになってます。
個人的にはダウンタウンさんとの絡みをもっと見たいです。



Commented at 2010-09-06 21:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2010-10-24 09:02 x
当時、何気なく、さんまさんを観ていたのですが、高須さんの説明でそういう事だったのかと理解できました。

自分がさんまさんを知ったのは、ひょうきん族からなんですが、ひょうきん族では、皆で笑いを奪い合っていましたね。

あと、アドリブを築いたとんねるずさんも分析して欲しかったです。

もし、とんねるずさんが、アドリブの土台を築いていなければ、もしかしたらダウンタウンさんの笑いも関東では理解されなかったかもしれないと思うんです。

とんねるずさんの当時のTV界のルールを無視して、アドリブでハチャメチャにした笑いは、ものすごく面白かったです。

只、ハマる時は他の芸人さんよりも遥かに面白いのですが、ハマらない時は現場で収集つかずに、面白いのか?という時もあるんですね。

そんな収集がつかない時でも関西の笑いの芸を取り入れて、纏める事が出来たのがダウンタウンさんだと思ってます。
<< くそ暑い! マヒした言葉 >>


Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム